FC居酒屋〜独立への道〜【研修中に気をつける3つの落とし穴】

独立への歩み

目標を決め、考えて考え抜いて独立する事を決めた。
リスクもしっかりと検討し、注意する点も洗い出した。

あとは行動に移すだけ!

そして、本日は行動に移した後に陥りやすい・・・

落とし穴について説明させて頂きます。

自分は、独立する為に社員から独立できる居酒屋チェーンに入社しました。

そして今だから言える、最初の深い落とし穴があります。

それは・・・


①行動をした事に満足してしまう事

独立する事が目標なのに、スタートを切った事で安心してしまう。
ライバルの同期、先輩達もいます。

戦いのスタートに立っただけという事を認識しましょう。

長く社員でいれば、勝手に独立できるほど独立はあまくありません。
あくまでも競争という事を認識しましょう。

例えば、1年間に新店舗が5店舗出るとしましょう。
それは・・・

1年間に5人しか独立できないという事です。

さらに独立してる先輩達も、2店舗目3店舗目を狙ってきます。
厳しいけど、競争なんです。

スタートを切って、どう行動していくかが大事です。

あくまでも、目標は独立する事。
日々なんとなく働く人は、言われた事だけをやっていました。
それでは、ライバル達に勝ち独立はなかなかできません。


次に陥りやすい落とし穴は・・・

②考えずに行動してしまう事

ほとんどの人は、日々の業務をこなすだけ。
言われた事だけをやる。
カリキュラム通りに進める。


こんな感じの同期、先輩が多かったです。


逆にすぐ独立していった先輩達の特徴は・・・

独立までの道のりを、時系列で計画している。
自分から聞きに行っている。
人のペースを気にせずに、どんどん進める。



1年後に独立する為に、いつまでに店長になるなど計画が明確です。
その為には、いつまでに何をしなきゃいけないかを常に考えています。

教えられるのを待つのではなく、自分から聞きに行きます。
〇〇やりたいので、やり方教えて下さい。練習させて下さい。
待っててもダメな事がわかっています。


店長には大体1年でなれる。
それで1年でなろうとしてる人の大半は、1年でなれてませんでした。
6ヶ月でなろうとしている人達の方が、店長になれた事は言うまでもありません。

何の為に行動するか、考えてから行動する。
これだけで、結果は全然変わります。

最後に陥る落とし穴は・・・

③失敗した時に一休みしてしまう

例えば、店長になる試験に落ちてしまった時。
大体の人が、数ヶ月おいて再チャレンジをする事が多かったです。

これを独立した時の経営に置き換えてみて下さい。

売上が上がらない、疲れたからちょっと休もう。
これでは、店がすぐ潰れてしまいます。


大事なのは、常にトライ&エラーを繰り返し続ける事。

試験に落ちたら、ダメなところを直せばいいだけ。
独立への目標に対して、試験はただの通過点。

落ち込んで数ヶ月過ごすなら、チャレンジして数ヶ月過ごしましょう。


ここで自分のエピソードをお話しさせて頂きます。

自分が試験に落ちた時、上司の店長はこんな事を言いました。

明日電話して、次の試験日決めよう。

さっき不合格と言われて、凹んでる状態ですよ?
試験を受けるまで、準備をして大変だったんですよ?

しかし、上司は続けます。
目標は独立でしょう?
試験に落ちたら、課題はわかったよね?
それ直したら、すぐ合格できるでしょ?


当時は少し休ませてくれと思ったのが本音です。
しかし、今はとても感謝してます。


休まず行動した自分は、その後すぐ試験に合格。
そして独立できる権利を手に入れられました。


なにより怖かったのが、試験に落ちて一休みしていた同期先輩達。

半年経っても自信がないからと試験を受けない。
社員のままでいいかなと、目標を失ってしまう。

たしかに、休む事が必要な時もあります。

ただ、本当に必要な休みですか?
しっかりと考える事が大事だと思います。



①行動をした事に満足してしまう事
②考えずに行動してしまう事
③失敗した時に一休みしてしまう


今回は、自分の経験から3つの落とし穴について話をさせて頂きました。

行動はあくまでスタート。
ただ行動するのではなく、意味を持った行動をする。
本当に必要な時以外は、行動を続ける。

この経験が、あなたに少しでも役立てたら幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました